ストレス性胃腸炎などを治療しよう~病気改善ホスピタル~

医者

腰の負担を和らげる

腰痛

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなって起こります。脊柱管が狭くなると血管や神経が圧迫されて、さまざまな症状だ出るのです。腰部脊柱管狭窄症は、我慢を続けていても治りません。きちんと検査の上、適切な治療をすることが大切です。

Read More

転移が進んだがんに

医者と患者

樹状細胞は、がん細胞に対向するために非常に大切です。最近ではがんの治療にも取り入れられており、リスクを抑えて治療を行うことが出来るため、画期的ながん治療として話題を集めています。

Read More

肺がん予防を

禁煙

肺がんは年々増加し、ほかのがんよりも治りにくく発見しづらいものです。初期症状が見られた場合は、症状を軽く捉えずに受診することが大事です。また日頃から禁煙やバランスの良い食事を意識的に行うことで肺がんを未然に防ぐことができます。

Read More

ストレスを防げ

ストレス性胃腸炎を改善するためには、どの薬を摂取すべきかわからない人のためにオススメを紹介しています。

慢性化しやすいストレス性胃腸炎

ストレスフリー

ストレス性胃腸炎は、ストレスが原因で起きる病気です。胃がキリキリと痛んだり、ムカムカしたりします。胸やけを感じたり、お腹が張ったりすることもあります。吐き気や食欲減退なども引き起こされ、胃の不快感で不眠症になるケースもあります。 ストレスを感じると、胃に症状が現れることがよくあります。そして、そういった症状を放っておくと慢性的な胃腸炎になることもあります。 ストレス性胃腸炎は、薬で症状を軽くすることもできます。胃の不快感を観じたら、放っておかずに医療機関の受診をおすすめします。 ストレス性胃腸炎が慢性化すると、症状がいつ起きるかと不安になって、うつ病になる場合もあります。初期段階で薬物治療を行うと症状がひどくならずに済むことがあります。

自律神経と胃の関係

ストレス性胃腸炎の原因は、ストレスなので、ストレスを抱えることの多い現代人は、誰もがなる可能性があります。ストレス性胃腸炎は、珍しい病気ではありません。ストレス性胃腸炎は、女性よりも男性に多くみられるようです。日本人の4人に1人、または8人に1人の割合で起こるといわれています。 ストレスを感じると、なぜ胃炎になるのかというと、自律神経が大きく関わっています。自律神経は、胃のはたらきをコントロールしています。自律神経のバランスがストレスによって崩れると、胃酸の分泌が過剰になったり、過剰に胃が収縮することにより、腹痛が起きたりするのです。逆に、胃の動きが弱まって、消化不良を起こすこともあります。どちらにしてもストレスが関わっているのです。